川越の小さなギャラリー

ufu_admin

「明かりの家」ワークショップ

今月の毎週日曜日、作家在廊に合わせて行われる「明かりの家」のワークショップの第1回目が行われました。 丁寧で優しいミカミヒロシ先生の指導のもと、夢中になってお二人の方が、家作りをしました。 この後、ミカミさんが持ち帰り、素焼き、本焼き終了後2〜3ヶ月後にお客様の手元に届けられます。 どんな…

gotica工房 〜ミカミヒロシの部屋〜

11月2日(金)〜27日(火)はgotica工房 〜ミカミヒロシの部屋〜が展示されます。 作家在廊日の毎週日曜日に明かりの家のワークショップが行われます。 午前11時〜/午後2時〜各回定員4名です。 参加ご希望の方は、前日までにギャラリールームまでご予約ください。 …

川越祭り

10月20日、21日は川越祭り。 今日は午後2時から、作家のまいけるさんが、「大狐」の作品を 持って来てくださる予定だが、お祭りの人混みをかき分けて やって来られたのは2時半頃になってしまった。 まいけるさんに会いたいと2時前から待たれていたお客様達。 共通の趣味趣向があるために、待ってい…

作家を囲んで

作家のまいけるさんが7日(日)に在廊するというので、 伊東から足を運ばれたお客様がいらした。 能面師の方で、ご自分が作られた木の猫面をまいけるさんに 見てもらおうと持参される。 また、女性の方は、ヤタガラスを作って手づくり市などで販売されている。 まいけるさんのファンが作家を囲んで、共…

「まいけるからわたの部屋」

10月5日(金)〜10月30日(火)は、造形作家まいけるからわたさんの 作品展です。 張り子で作られた狐面に、猫面、粘土で制作された妖怪人形。 摩訶不思議なまいけるさんの世界観を是非見にいらしてください。 7、21、28日(日)午後2時より、作家在廊予定です。 …

高田兵庫さんの器

朴訥な高田兵庫さんのお人柄そのものの陶芸作品。 さりげなく作られた作品ですが、実はいろんな工夫の結果産み出されています。使い手に優しく、どんなお料理にも使える器、どんなお花も受け入れてもらえる花器。 それは作家の魅力に通じるところです。…

ROSIという名前

白い洋服にこだわって制作する作家名は、「しろ」を逆さから読んで 「ROSI」としたのかと思っていたら、物を漉す時に使う 「濾紙」という意味とも掛け合わせているのだと説明を受ける。 この作家名に、彼女のこれからの洋服作りの方向性をうかがわせる。 彼女の初めての個展。 これからどんな拡がりを見…

ROSIの部屋

白い手作りの洋服展 8月30日(木)〜9月4日(火) 男性物のシャツ、女性用のブラウス、チュニック、エプロンなど 白い生地にこだわって、丁寧に仕上げた作品です。 是非ご覧ください。…

泰木窯の部屋

今年の暑さは異常としか言えないような猛暑ですね。 さて、ギャラリールームは、8月8日(水)〜8月22日(水)まで休廊になります。 8月23日(木)からは、泰木窯 作陶展〜山のおくりもの〜です。 また是非お出かけください。 8月23日(木)〜28日(火) 11:00〜17:00 …

夏休みと定休日変更のお知らせ

今年の暑さは異常としか言えないような猛暑ですね。 さて、ギャラリールームは、8月8日(水)〜8月22日(水)まで休廊になります。 また、9月より定休日が、毎週木曜日に変更になります。 企画展入れ替え時は、水曜日木曜日の連休になります。…

アーカイブ