川越の小さなギャラリー

ufu_admin

オープニングパーティー

出品作家17名のうち、15名が参加、それにお客様も加わって 40名くらいの方が、小さなギャラリーと、カワクリスペースに 所狭しと駆けつけてくださった。 梅雨明けもしない蒸し暑い中、クーラーはついているのかと 思うほどの熱気。 コミック、アニメをキーワードに老若男女が、賑やかに談笑する。 ギャラリー…

川越ミニコミック市始まる

ツイッターを中心に、「川越ミニコミック市」の参加者を募り、 17名プロアマ老若男女の方々が参加して頂ける事になった。 テナントシェアのお隣「カワクリ」さんの展示協力のおかげで、 お仲間同士、お客様達がお話しできるスペースも確保された。 搬入で出会う作家さん達が、楽しそうに談笑するのを見るだけでも …

小佐野哲二さんの世界観

あちこちで採石した石で、小佐野さんが作り出す作品は、 静かでありながらしっかりした世界観が描かれている。 何処でも目にすることの出来る石。 その石を素材に花器、灯り、そして石彫へと展開される。 身近だった石が、時に神々しくさえ見えるから不思議だ。 17日(水)までの展示です。是非ご覧ください。…

石ミルのワークショップ

便利な世の中を逆行するように、石のミルでコーヒー豆をひく。 細かくするのに、20分くらいかかるだろうか。 小佐野さんのお話を聴きながら、参加者皆さんで談笑しながら、 ゴリゴリと石ミルをひく。 便利になったら時間が出来て、ゆとりのある生活が出来るのかと 思ったら、実際はもっと忙しくなった。 不便だか…

ただ今準備中

6月28日(金)から始まる「石と木の作品展」。 河口湖在住の石の作家小佐野哲二さん、木彫作家の美紀さん ご夫婦の作品展。 ただ今、どこにどう展示しようかとお二人で奮闘中。 作家毎に、ギャラリールームがガラリと様子が変わります。 それがこの仕事をさせて頂くギャラリーの醍醐味だと思います。 明日から7…

tomoとワンダーランド

6月21日(金)〜25日(水)は吉田tomo子さんによる 昭和レトロな家電を木工で制作した可愛いくて、懐かしい作品の展示会。 彼女が以前制作していた銀のアクセサリーも展示されている。 賛助出品の松岡ゆかりさんのスプーンやコースターなども並ぶ。 ギャラリーには松岡さんが歌うジャズが流れる。 全日作家在…

シンプルな猫の絵

重高さんの展示も来週19日(水)で終わる。 「もう一度見に行っても良いですか。」と聞かれて足を運んでくださった お客様がいらっしゃる。 描かれた猫の前に佇み、魅入られている。 彼の絵は、猫の微妙な心の動きを目の動きや、尻尾などで 出来るだけシンプルに表現する。 描き込みすぎないから、観る人に想像さ…

重高洋二さん在廊

今日は作家の重高さんが、在廊ということもあって、 お客様が途切れなくいらしてくださった。 ギャラリーに来られる楽しみの一つは、作家に会えることだろう。 ギャラリールームの企画展は1ヶ月近い展示なので、毎日の在廊は難しい。 重高さんは、毎週火曜日、水曜日に在廊予定です。 是非作品を見に、そして作家…

「重高洋二の部屋」

5月31日(金)〜6月19日(水)は猫アート作家「重高洋二さん」の絵の展示会。 彼の描く猫は、擬人化する事なく、猫の姿形で、その可愛らしさと存在を表現している。 気負わず、創りすぎずに描く絵は、見る側に猫との会話の時間をくれる。 4坪の小さなギャラリーが「重高猫」でいっぱいです。 是非、猫達に会い…

二宮ひろ子さん

常滑を中心に活躍の二宮さんは、関東での個展は開いたことがない。 その第一回が、川越のギャラリールームとは有り難い。 「鳴り物が好きだった。」という彼女が作る「鳴る陶」。 「陶芸をやっているのだから、器を作ったら〜」 というようなアドバイスを受けながらも、自分の興味のある事にだけに向き合う。 不器用…

アーカイブ