川越の小さなギャラリー

展示会情報

灯りの部屋

中央テーブルには、春を待つプランター。壁面には、灯りを中心とした作品が並ぶ。まだまだ寒いこの時期、気持ちを優しくしてくれる灯りをギャラリーいっぱいに展示しています。コロナ禍で疲れ気味の気持ちを少しでも和らげて頂ければ嬉しいです。 …

ニャマビエさま

月魚さんに、16日追加納品していただいた。その中に「ニャマビエ」という名前の猫とアマビエ様を合体させたユニークな作品があった。先の見えないコロナ禍。不安で心身ともにめげてしまいそうな時に、ものつくりのこうした提案は、人の気持ちを和らげる。それがアートの必要性なのではないかと思う。どうかニャマビエさ…

幸せを呼ぶ鈴が鳴ります❤️

月魚さんの陶人形は、土鈴になっている。「振るとなるんですよ!」とお客様に紹介すると、驚いたような表情になって、目を細めて大切そうに陶人形を抱える。可愛い動物の人形達は、楽器を演奏したり、本を読んだり等表現も色使いも豊かで、楽しい。沢山いた動物達も、次々とお迎えが決まり、少し寂しくなりました。最終週…

作家在廊の初日

茨城県在住の月魚さんが在廊してくださったので、混み合うことはないものの、お客様が途切れることなくいらしてくださいました。月魚さんの気取らない素朴なお人柄は、作品同様お客様が会いに来たくなります。コロナ禍の一年の幕開けなのに、お客様の応援を実感させて頂く本当に嬉しい初日でした。ダイレクトメールからい…

可愛い💕

こんなに「可愛い可愛い」と連呼された展示会は初めてかもしれない。 いらしたお客様が皆、笹岡さんのフェルトワークの世界観に浸りきって発する言葉は「可愛い!」の第一声。 暗いニュースの多い年の瀬。 こんなに、作品を楽しむ元気があれば、まだまだ大丈夫! 一年最後にふさわしい、明るく楽しい展示会です。 来…

フェルトで絵を描く

笹岡さんのフェルトは、自分で原毛を染めるところから始まる。描きたい世界を表現するために、色を染めてから表現する。その色合いは、微妙で繊細で、しかも羊毛という素材で表現されるので温かさも伝える。フェルトで描かれた絵(平面)、そして立体の人形、さらに可愛いアクセサリー、マフラー等と制作の幅の広さに驚か…

温かな「羊の部屋」

大きな羊が、ギャラリーの入り口でお出迎えする。 扉を開けると、フェルトで制作された絵や、人形などが 並び、思わず笑みが溢れる。 笹岡さんのお人柄そのものの世界。 4・5・6・9・12・16・23日在廊です。 5日、12日はワークショップがあります。 優しい気持ちになりに、ぜひお出かけください。…

遊び心いっぱいの器たち

安田修平さんの作る「ツノのマグカップ」を持とうとすると、子供が物を持って口に運ぶ時のような格好になる。「昔こうやって飲んだ!」という懐かしい思い出が蘇る。用途のある器という制限の中での、彼が「遊びの造形」を楽しんでいる。来週水曜日が最終日。是非このユニークな器たちに会いにお出かけください。 …

器の裏

安田修平さん、美代さんの器の裏にも創作がある。私はこの創作は、器を洗う人のための「楽しみ」を作ってくれていると思っている。「ここにも、絵がある❣️」「こんなメッセージがある❣️」と洗いながら、つい口元が緩み、大切に使おうと思う。作り手の細やか…

工房polepole 安田修平・美代 二人展

3回目となる安田修平修平さんの個展。今回は、奥様の美代さんの陶芸作品も交えての二人展。真っ白な磁器に大胆な図柄を繊細に描く修平さんの器類。一方美代さんの作品は、柔らかい土ものの手捻りの器。素朴な可愛らしさは、彼女そのものなのだろう。生活を楽しむ、そんな言葉がピッタリの陶器展。ぜひ秋の陽気に誘われて…

アーカイブ