川越の小さなギャラリー

展示会情報

妖怪ダルマ

まいけるからわたさんの創作する作品には、どれも 妖しくて、色艶があって、怖そうだけどどこか可愛い。 そんな世界観は、何故か男性に人気があるように思える。 写真は「妖怪ダルマ」。手のひらに乗る摩訶不思議な妖怪。 彼らが、もう一つ別の世界にご案内してくれます。…

獅子舞装束「五徳獅子」

ギャラリー中央のテーブルにドンと鎮座する力作 獅子舞装束「五徳獅子」。 この装束を纏って舞う獅子を、どんなイメージで創造したのだろう。 面を被ることも、装束を纏う事も、変身願望だ。 作家は現実と違う世界へ、作品を通じて案内してくれる。 ジッと作品を見るお客様。 どうぞゆっくりご覧になって、まいけるか…

まいけるからわたの部屋

10月4日(金)から23日(水)は、まいけるからわたさんの 怪しくてちょっと可愛いお面とフィギュアの展示会。 狐面はもちろん怪しげなお面は、川越祭りに被って、 参加するのも楽しいし、ハロウィンにも良いかも❣️ 会期中の土日(19日は除く)午後2時から、まいけるさんが在廊予…

「かわいい鉄・やわらかい鉄」始まる。

江口真代+r展の作品が展示された。 鉄という硬くて重たい素材が、江口さんの手によって、 優しく柔らかな世界となっている。 鉄で作られた可愛い動物「鉄ぐるみ」。 植物や花が繊細にしかもお洒落に、凛と立っている造形は、 作家の生きてきた姿勢をも想像させる。 明日から9月18日までの展示会。ぜひご覧くだ…

オープニングパーティー

出品作家17名のうち、15名が参加、それにお客様も加わって 40名くらいの方が、小さなギャラリーと、カワクリスペースに 所狭しと駆けつけてくださった。 梅雨明けもしない蒸し暑い中、クーラーはついているのかと 思うほどの熱気。 コミック、アニメをキーワードに老若男女が、賑やかに談笑する。 ギャラリー…

川越ミニコミック市始まる

ツイッターを中心に、「川越ミニコミック市」の参加者を募り、 17名プロアマ老若男女の方々が参加して頂ける事になった。 テナントシェアのお隣「カワクリ」さんの展示協力のおかげで、 お仲間同士、お客様達がお話しできるスペースも確保された。 搬入で出会う作家さん達が、楽しそうに談笑するのを見るだけでも …

石ミルのワークショップ

便利な世の中を逆行するように、石のミルでコーヒー豆をひく。 細かくするのに、20分くらいかかるだろうか。 小佐野さんのお話を聴きながら、参加者皆さんで談笑しながら、 ゴリゴリと石ミルをひく。 便利になったら時間が出来て、ゆとりのある生活が出来るのかと 思ったら、実際はもっと忙しくなった。 不便だか…

ただ今準備中

6月28日(金)から始まる「石と木の作品展」。 河口湖在住の石の作家小佐野哲二さん、木彫作家の美紀さん ご夫婦の作品展。 ただ今、どこにどう展示しようかとお二人で奮闘中。 作家毎に、ギャラリールームがガラリと様子が変わります。 それがこの仕事をさせて頂くギャラリーの醍醐味だと思います。 明日から7…

重高洋二さん在廊

今日は作家の重高さんが、在廊ということもあって、 お客様が途切れなくいらしてくださった。 ギャラリーに来られる楽しみの一つは、作家に会えることだろう。 ギャラリールームの企画展は1ヶ月近い展示なので、毎日の在廊は難しい。 重高さんは、毎週火曜日、水曜日に在廊予定です。 是非作品を見に、そして作家…

「重高洋二の部屋」

5月31日(金)〜6月19日(水)は猫アート作家「重高洋二さん」の絵の展示会。 彼の描く猫は、擬人化する事なく、猫の姿形で、その可愛らしさと存在を表現している。 気負わず、創りすぎずに描く絵は、見る側に猫との会話の時間をくれる。 4坪の小さなギャラリーが「重高猫」でいっぱいです。 是非、猫達に会い…

アーカイブ