川越の小さなギャラリー

Blog

優しく温かい世界

羊毛造形作家、笹岡かおりさんの作品展。 羊毛で可愛い動物を作るだけでなく、物語を造形する作品もあり、制作範囲の広いことに驚かされる。 原毛はご自分で染めているので、色合いが優しく、見ている私たちまでも優しい気持ちになる。 1、4、5、11、15、18、19日作家在廊予定です。 …

作ることが好き❤️

11月10日から28日まで、石塚倫子さんのビーズのアクセサリー展が始まる。針に細い糸を通して繊細なビーズを立体的にして作るアクセサリー。 彼女は、作ることが好きで好きでたまらない。 なるべく複雑で面白いデザインを考えて作ろうとする。 簡単だとすぐ出来てしまうから「つまらない」のだそうだ。 そしてで…

想像させる作品

大庭さんの版画を毎日、ギャラリーで眺めていると、その日その日、いろいろなお話を想像させてくれる。 色彩も独特で、しかもどの作品も明るく楽しい。上手く表現出来ず残念ですが、大庭さんの世界観、個人的には「すごく好きだ」とだけはお伝えしておきます。ぜひ見にいらしてください。 …

木版画

大庭さんの木版画が、11月7日までギャラリーに飾られる。 色使い、構図などが日本の版画の感じが違うからか「外国人の作品ですか?」尋ねられることがある。 作品から感じる伸びやかで自由な世界観。 ぜひご覧いただきたい版画展す。 …

日常生活の中で、一番身近に彩りを添えてくれるのは、器ではないかと思う。 毎日3度の食事、器を変えるだけでいつもの食材が違って見える。 食欲の秋、芸術の秋。 見て食べて楽しむのは、如何でしょうか? …

楽しい陶器

午後を過ぎると泰木窯さんのお客様が次々とギャラリーを訪ねて来られる。 動物のモチーフが、植木鉢になり、器になり、見ているお客様の口元に笑みが溢れる。 どの子を連れて帰ろうかと手に取り、悩む時間は、お客様にとっては、至福の時間だ。 …

そらんワールドに生息する謎の生物

そらんさんの名刺にも使われている絵。 宇宙船のような甲羅から突き出る虫のようなロボット。 女性像の多い作品の中で、一際その存在が際立つ。 見れば見る程、彼の世界観に興味をそそられる。 19日(日)まで。 最終日作家在廊致します。 …

そらんワールド

会場いっぱいに拡がるそらんワールド。女性、金魚、亀、想像の生物が描かれた絵は、面ごとにまとめられ、所狭しと展示されている。新聞紙で作られた人形、ペンギン、ペットボトルと木片、針金で作られたオブジェ。どこまでも静かで、果てしない彼の世界。見ている人を別の世界に誘ってくれる。そらんさんは、12、18日…

交流の場

「コミック市」となると、いつもギャラリーに来られるお客様とは違うお客様が訪れる。作家さんもお客様の年齢も若くなり、ギャラリーの店番をしている私達はいつもと違う刺激を受ける。コミックやグッズなど、今の時代の若い感覚の作品。年代、世代の違う人達の出会い、作家さん同士の情報交換の場になったらいいなぁと思…

「川越ミニコミック市」第3回

今年前半の最後の企画展「川越ミニコミック市」が明日7月14日(水)から始まる。3回目になるが、昨年今年とコロナ禍に悩まされる。今年初めて参加される作家さん。「今年は新作を!」と仕事を抱えながら頑張って描いてきた作家さん。松葉杖をつきながら、搬入展示に来てくださった作家さん。東京からの参加を遠慮しな…

アーカイブ