川越の小さなギャラリー

Blog

月の友達

マツムラミホさんの陶と銅版画展。絵を描く事の好きな作家が制作する陶芸は、陶板はもちろんだが、器も絵画の様な釉薬かけだ。どこか異国、北欧のイメージを抱かせる彼女の作品。銅版画も一つの版の多色刷りなので、一つとして同じものはない。たくさんの「月の友達」をぜひ見にいらしてください。16日(土)、23日(…

夏休み

企画展前半の最後の企画展「川越ミニコミック市」が23日(日)の無事終了しました。ご高覧頂き有難うございました。さて、ギャラリーは7月24日から9月12日まで長い夏休みを頂きます。暑い夏たっぷり充電して、また9月から頑張っていこうと思います。9月はマツムラミホさんの陶と銅版画「月の友達」でスタートで…

第5回川越ミニコミック市

ギャラリールームも今年の10月で丸6年。若い人達も参加できる場として始めた「コミック市」も5回目になる。アマチュアからプロまで、老若男女関係なく「コミックが好き💓」をキーワードに集まった作家達。楽しい仲間の楽しい作品展。作家と関われるユニークなワークショップもいろいろあります。是非…

優しい世界

壁面にはCGで描かれた優しい猫の世界、展示台には、猫、犬、カエル、金魚の楽しい陶人形が並ぶ。ギャラリーに展示された作品は、どれも可愛くて優しい。作家月魚ひろこさんの性格そのもののような作品は誰でもが素直に「可愛い」と感じる。昨今の殺伐とした世の中を、優しく包んでくれる月魚ワールドをぜひご覧ください…

そらんとhhw展

そらんワールドに足を踏み入れた途端、質量のない不思議な世界に引き込まれる。気持ちが透明になるような板絵の数々。新聞紙を水で溶かして、角材を芯にして作られたオブジェの人型。重さを感じないのに、心の奥に何かを響かせる作品。今年は彼のご家族作品も展示されています。 6月24日(土)、29日(木)、7月2…

背表紙

山崎暁さんの初めての個展。コロナで籠っていた生活から「新しい一歩」を踏み出そうと、遠い千葉の船橋から川越での展示を決意する。 彼が描く後ろ姿の画面は、正面を向く顔の表情より心に響くものがある。 本日6月14日(水)〜19日(月)16時頃まで、毎日在廊しています。ぜひご覧ください。 …

自然体の器

百貨店での展示会が多い新妻さんの器。秩父の赤土に白化粧をした象嵌、掻き落としの作品は、自分で作った灰を釉薬として使っている。生乾きから、2割強収縮するとあって、焼き締まりも良く、軽く使い易い。 和洋問わず、お料理を引き立てる。彼女の性格そのもののような、自然体の器は、飽きさせることがない。ぜ…

のらねこの部屋

今回は50匹くらいの「のらねこ」を、作家松本正行さんが車に乗せて、横須賀から川越に連れて来てくださいました。2時間を超える道中「のらねこ」たちは暴れもせず、無事ギャラリーに到着しました。5/10〜5/28までギャラリールームは「のらねこの部屋」になっております。どうぞ猫談義をしに、ぜひお出かけくだ…

大盛況‼️

東早苗さんの個展初日。1時間前から並ばれるお客様の列。さなぼワールドの猫に出会ったその日から、虜になった多くのお客様。目を細めて、愛おしそうに見られる眼差しの向こうには、さなぼ作品が並ぶ。石川県からいらしてくださった作家さんとのお喋りは、初日の混雑では難しく、残念に思われたことだろう。5日午前中ま…

「裁縫屋」の個展

縫製技術の師範の資格を持つ裁縫屋さんは、川越工業高校でその技術を教えている。丁寧で確かな仕事で作られたブラウス、スカート、バッグ等、また川越唐桟を使ったティシャツ、サコッシュなどもありバラエティな作品が並ぶ。ぜひその良さを実感してください。4/19〜4/24 まで全日作家が在廊しています。 …

アーカイブ